検問

夜間検問

23時頃から市内各所で憲兵隊や交通警察による検問が始まります。検問はこちらにまったく非がなくても揉めることが多いので検問が始まる前に帰宅しましょう。というか、治安的この時間まで出歩くのは止めましょう。2021年のクーデター以降、夜間検問は実施されていないようです。

地方検問

コナクリを出ると各県毎に1~3か所の検問や通関に遭遇します。現地の車両は無視してそのまま通過することが多いのですが、我々は止まって挨拶するのが良いでしょう。そうすればそのまま通過させてもらえることが多いです。他の車両同様に無視して通過すると追っかけてきて多額な罰金を請求されることになります。

検問の対処法

素直に応じるのが無難です。通常、パスポートと運転免許証、カルト・グリーズ(車両所有者証)、車両保険、車両税証明書を提示すれば事足りますが、それ以外にも滞在許可証や労働許可証、会社謄本、商業カードなどの提示を依頼されるなど意地悪をされることもありますが、場を和ます雰囲気を維持できれば大ごとにはなりません。検問では少額の出費は覚悟すべきです。